疲労 腹痛

【腹痛】腹痛と疲労

疲労で腹痛は起こりえるか?

「頭痛と疲労」あるいは「発熱と疲労」は頭の中ですぐに結びつき、連想することができます。しかし、「腹痛と疲労」はなかなか結びついて考えられることはないのではないでしょうか。本当に疲労で腹痛は起こりえるのでしょうか?
答えはイエスです。「疲労がどこに現れるのか」というのは個人差が大きく、頭痛として現れるひともいれば、発熱、食欲不振に現れるひともいます。めまいを起こすひともいるでしょう。腹痛もこの中のひとつです。
しかし疲労と腹痛はなかなか結び付けられません。これはなぜなのでしょうか。

腹痛=疲労と決め付ける危険性

腹痛=疲労と決め付けるのは、かなり危険です。
もちろん長期間のドライブ、出張先での腹痛は想定できることですが、腹痛が発露表現となる病気は、疲労だけではないからです。むしろ、疲労と腹痛が結びつきにくい理由の一つとして、この「病気で腹痛が起こるときが多い」というものがあげられるでしょう。直近のところでは食あたり。それから胃腸の問題。すい臓などが原因の場合など、腹痛という形で現れる病気は数限りないほどあります。
腹痛は耐えるのがかなり厳しい症状だと思います。自由にお手洗いにいける環境ならまだしも、そうでない場合は、おなかの痛みを抱えながら仕事と戦わなければなりません。集中力もかけてきますし、痛みは疲労感を増大させてしまいます。早めに病院にいったほうがよいでしょう。